本が好きで、作家になれたらいいなあ~とか思っている藍生(あをい)が、読んだ本についてや自作の小説について、だらだらと書き綴る日記です。 好きな本の趣味の合う方は、寄って行ってください!
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト
 
 
【--/--/-- --:--】
 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
どすこい。 / 京極夏彦
 
 
【2005/11/30 22:39】
 
 
何故、数ある京極作品の中で、このブログで一番最初に紹介するのがこれなんだろう・・・

最初に、くれぐれも言いたいことは、京極作品をまだひとつも読んだことがなくて、これから読んでみようかな~と思っている人は、

絶対に!断じて!
何をどう間違っても!!


この「どすこい」を最初に読まないで下さい


少なくとも「京極堂シリーズ」と「巷説シリーズ」を読んでから、できれば既刊の本を全て読んでしまってから、手をつけるようにしてください。

これは、ギャグ小説です。

ギャグ漫画というのはありますが、ギャグ小説って・・ないですよね☆
でも、これはやっぱり「ギャグ小説」なんだと思います。

この本は、7つの短編を収録した短編集です。
それも、それぞれが超有名なベストセラーを題材にした、パロディものになっています。

①四十七人の刺客(池宮彰一郎)→四十七人の力士(新京極夏彦)
②パラサイト・イヴ(瀬名秀明)→パラサイト・デブ(南極夏彦)
③すべてがFになる(森博嗣)→すべてがデブになる(N極改め月極夏彦)
④リング/らせん(鈴木光司)→土(リング)俵・でぶせん(京塚昌彦)
⑤屍鬼(小野不由美)→脂鬼(京極夏場所)
⑥理由(宮部みゆき)→理油(意味不明)(京極夏彦)
⑦ウロボロスの基礎論(竹本健治)→ウロボロスの基礎代謝(両国踏四股)

タイトルを見るだけでも、いかに馬鹿馬鹿しいかお分かりと思います。

コレ、ほッッんとうに、下らない


とはいえ、面白くないということではありません。
文章はやっぱり京極先生らしい感じだし、何より、作者がとても楽しんで書いてるんだろうな~というのが感じられます。

構成は、7つの短編がそれぞれに関係しあっているというものになっています。
例えば、①が②の作中作として出てきますし、②の作者である南極夏彦は③にキャラクターとして登場します。同様に、③が④に、④が⑤に、⑤が⑥に、⑥が⑦に、作中作として登場しています。

ロシアのマトリョーシカみたいな感じでしょうか。
夢から目覚めたのに、また夢だった、とか。
そんな感じです。

そして、最後の⑦(ウロボロスの基礎代謝)には、①の四十七人の力士が関係してくるのです。

この辺り、とても京極先生らしいな~と思ってしまいます。
凝っているというか、単純なものは書かないというか。

ただ、それぞれの内容に関しては・・・

下らないです

いや、もう、何回でも言いますが、てゆうか、作者自身も作中でそう言ってるし。

全ての話に相撲取りがわさわさ登場して、暴れる、という。
簡単に言えば、それだけです。

最初の「四十七人の力士」では、相撲に関する薀蓄がまた長々と語られていたりしたので、その辺りはいつもどおり?と思いましたが、どつき漫才をしていたり、作家を苛める編集者が出てきたり。
やっぱりこれはギャグ小説です。

最後の「ウロボロスの基礎代謝」には現役人気ミステリ作家さんたちが、実名で登場します。
綾辻行人氏とか、二階堂黎人氏とか、法月倫太郎氏とか、もちろん、(名前だけですが)大沢在昌氏と宮部みゆきさんも登場します。
ミステリファンにはちょっと嬉しいですね。水木御大とか荒俣さんとか多田さんも出てくるので、妖怪ファンにも嬉しいでしょう。(^^;


とにかくこの本は、京極氏の他の作品を全て読んで、なおかつ「大極宮」も読んで、その後に読まないと、かなりショックを受ける可能性があります。
「京極堂」とか「巷説」とかしか読んだことがなくて、コレを読むと、結構引いてしまうかも。
事実、京極ファンの間でも賛否が分かれているのではないでしょうか?

私は、肯定派ですが。

この「どすこい」を読む前に、文庫で出ている「大極宮1~3」を読んでいたし、「妖怪馬鹿」も読んでいたので、京極先生って結構お笑い好き?というのが分かっていたから、こういうのも全然アリだな、と受け入れられました☆


それぞれのパロディの元になっている作品ですが、読んでいたほうが楽しめますが、別に未読でも全く問題はありません。
私はホラーがダメなので、「屍鬼」とか「パラサイト・イヴ」とか読めないです、怖くて。
なので、「すべてがFになる」と「理由」しか読んでいませんでしたが、全然大丈夫でした。
まあ、逆に、「どすこい」を読んで、元になった作品を読んでみよう、という気にも・・・なりませんが。



・・・次に京極作品を紹介するときは、真面目な作品をご紹介したいです・・・。


人気blogランキング参加中!!


スポンサーサイト

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:小説・文学

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
この記事に対するコメント
 
 
わ~っ
読みた~い(笑)
でも、京極初心者だし・・・
やめとこ・・・

う~っo うずうずo
【2005/12/03 00:11】 URL | コダマリ #- [ 編集]

是非☆
マリもおバカ系結構好きやったよね?だったら楽しめるかもよ?
一度読んでみて♪

・・でも、くれぐれも、京極作品の中でこれは異質だということをお忘れなく・・・
【2005/12/03 22:04】 URL | 藍生 #- [ 編集]

 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するコメント投稿
 
 















 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するトラックバック
 
 
トラックバックURL
→http://awoi.blog7.fc2.com/tb.php/8-339926ff

 
 
 
▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。