本が好きで、作家になれたらいいなあ~とか思っている藍生(あをい)が、読んだ本についてや自作の小説について、だらだらと書き綴る日記です。 好きな本の趣味の合う方は、寄って行ってください!
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト
 
 
【--/--/-- --:--】
 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
τ(タウ)になるまで待って / 森博嗣
 
 
【2006/05/07 16:01】
 
 

icon
icon
私が読んだ森博嗣さんの本は、これが2作目になります。1作目はデビュー作である「すべてがFになる」で、確かに面白かったけど、なんか数学とか物理?とか、理系の知識のいる話で、正直、難しくてよくわかんなかったんです・・
で、それ以降、進んで読むことがなかったんですが、気にはなってたんですよね~☆
たまたま図書館で、この「τになるまで待って」を見つけて、ちょっと中を見たら、登場人物のトップが「超能力者」で、他にも「信者」だの「探偵」だの、いかにも怪しそうな肩書きな人々が並んでいて、これはちょっと面白そう?と思い、読んで見ました。

物語は、探偵の手伝いというバイトで、大学生3人が山奥の、怪しさ満点の屋敷にやってくるところから始まります。
その後はお約束で、その屋敷で殺人事件(しかも密室殺人!)が起こり、屋敷の扉は開かなくなってしまい、窓も開かず、中にいる人たちは閉じ込められてしまう・・。

いわゆる「吹雪の山荘」パターンではあるんですが、ここでは殺人事件は1件だけで、連続殺人にはなりません。

それどころか、窓を割ったことで、何とか携帯電話が使える状態になって、結構簡単に助けを呼び、警察もやってきて、中の人たちは屋敷から解放されてしまいます。

綾辻行人の「館シリーズ」を愛読している者としては、正直物足りないくらいですね・・

この話での謎はふたつ。

ひとつは、超能力者である屋敷の主が見せた、「異界」の謎。
まず、超能力者と、大学生の女の子のふたりが、ある部屋に先に入ります。その後で、残りのメンバーが同じ部屋に入るのですが、その部屋に先に入ったはずのふたりの姿はなく、また、先に入ったふたりの方からは、後から来たはずのメンバーの姿が見えません。
でも、声だけは聞こえる。
後から入った方のひとりが、机の上のペンを動かすと、先に入った方では、だれも触っていないペンが勝手に動く。
つまりは、先に入ったふたりは「異界」に行っていたのであって、だから声はするけれども姿が見えない・・。

そして、ふたつめの謎は「密室」の謎です。
その部屋は、まさに「異界」の現場になった部屋で、ひとつしかないドアには閂で鍵がかかっていて、そのドアから誰かが出入りすればすぐに分かる位置には、常に誰かがいた。
窓は、嵌め殺しのガラスがはまっていて、さらに鉄格子までついている。
そんな部屋の中で、絞殺された死体が発見されるのです。

もちろん、これらの謎は最後には解明されますが(しかもアッサリ)、実はこの話、犯人が誰だったのかまでは明らかにされないんです・・。

最後まで読んでも、結局、犯人も動機も分からず。
えー?!そんなんアリ!?みたいな。

この本は、シリーズの3作目にあたるんですが、私は1作目2作目を読んでいません。
それらもこんな感じなんでしょうか?

タイトルの「τになるまで待って」というのは、被害者が殺される直前まで聞いていたラジオドラマのタイトルなんですが、これについても、「だから何?」って感じで、特に何の説明もありませんでした。
これについては、多分シリーズを通しての謎なりメッセージなのでしょうから、まあ、いいんですけど・・。

犯人誰やねんっ!気になる~
スポンサーサイト

テーマ:ミステリ - ジャンル:小説・文学

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
この記事に対するコメント
 
 
 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するコメント投稿
 
 















 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するトラックバック
 
 
トラックバックURL
→http://awoi.blog7.fc2.com/tb.php/43-91cfd8dd

 
 
 
▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。