本が好きで、作家になれたらいいなあ~とか思っている藍生(あをい)が、読んだ本についてや自作の小説について、だらだらと書き綴る日記です。 好きな本の趣味の合う方は、寄って行ってください!
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト
 
 
【--/--/-- --:--】
 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
風光る / 渡辺多恵子
 
 
【2006/01/28 22:35】
 
 

icon
icon

私は、結構新撰組が好きです。
一昨年の大河も、毎週欠かさず見たし、友達と京都まで新撰組隊士のお墓も行ったし、壬生寺も行ったし。

そもそも、私が新撰組好きになった原因が、この「風光る」だったのです。これは、一言で言えば「新撰組を舞台にしたラブコメ」になるんでしょうが、そんなんでは言い表せないくらい、とっても面白いんです!!

新撰組がまだ「壬生浪士組」だった頃、新入隊士募集に志願してきたのが、主人公の神谷清三郎です。(イラストの、ちっさい方の子)

が!

実は、この清三郎くん、本名を富永セイという、女の子だったのです。
セイは、医者だった父親と大好きだった兄ちゃんを、長州の志士に殺されてしまいます。母親は小さいときに死んでしまっていて、身寄りのなくなったセイは、父と兄を殺した長州者に仇討ちをする決心をし、男と偽って浪士組に入ったのです。

そこで、沖田総司(イラストのもうひとりのほう)と出会います。(正確には再会)
そして、総司には清三郎の正体が早々にバレてしまいます。
もちろん、最初は追い出されかけますが、なんとか黙認してもらえることになり、セイは清三郎として、浪士組の隊士になるのです。

まあ、なんだかんだで、セイは総司に恋することになるんですが。
そこんとこはともかく、このマンガに出てくるキャラクターが、みんな面白いんです♪
沖田総司もカッコイイだけじゃなくて、ボケてるトコもいっぱいあったり、斉藤一なんて、めちゃめちゃイイキャラしてるし、他にもみんなそれぞれに個性豊かで、「新撰組の楽しい仲間たち」みたいな感じ?なんです。
伊東甲子太郎(通称かっしー)なんて、エライことになっちゃってるし(笑)ちなみに私は、土方VSかっしーのからみと、それに巻き込まれる斉藤さんというのがとっても好きです。(^^)

それから、私的一番泣けるシーンは、山南さんの切腹のシーン。
大河でも泣いたけど、こっちの山南さんのほうがめちゃめちゃいい人だから、さらに泣ける!!


何よりスゴイのが、作者が少女マンガだからといって、時代考証や時代背景などに一切手を抜いていないところです。
もちろん、マンガとしてオリジナルなストーリーもありますが、根本的にはきっちり史実が取り入れられています。
有名な「池田屋事件」はもちろん、「芹沢暗殺事件」や「長州征伐」等、歴史上の事柄もちゃんと描かれています。

それに、細かいトコまで気を配って、リアルに描かれているのです。
着物や髪型、小道具や町並み・・ホントによく調べたなあ、って感心してしまいます。


マンガのストーリーとはいえ、歴史に基づいて描かれている以上、この物語にハッピーエンドがあるとは思えません。
現時点ではまだ、薩長も力が弱く、幕府が力を持っていますが、いずれ徳川が滅び、新撰組がなくなっていくのが歴史上の事実です。
セイと総司が一緒に幸せになれることは、おそらくないのです。

このあたり、作者がどこまで描くのか、それはまだ分かりません。
できればハッピーエンドになって欲しいけどなあ・・

そうそう、連載中の今月号をちらっと立ち読みしたら、どうやら坂本龍馬がついに登場する様子!
楽しみ~♪

ただ、ツライのが、単行本が半年に1度しか出ないということ・・。

待てないって!!


コレを読んで、「風光る」を読んでみようかな~とか思った人は、是非一票入れてやって下サイ!→人気blogランキング参加中!!
スポンサーサイト

テーマ:マンガ - ジャンル:本・雑誌

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
この記事に対するコメント
 
 
 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するコメント投稿
 
 















 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するトラックバック
 
 
トラックバックURL
→http://awoi.blog7.fc2.com/tb.php/29-bb2ab97b

 
 
 
▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。