本が好きで、作家になれたらいいなあ~とか思っている藍生(あをい)が、読んだ本についてや自作の小説について、だらだらと書き綴る日記です。 好きな本の趣味の合う方は、寄って行ってください!
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト
 
 
【--/--/-- --:--】
 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
アクマのタンテイ、アクマなタンテイ 第2章-1
 
 
【2006/08/20 21:35】
 
 
 祭木春(まつりぎ・はる)は、日課の図書館通いのために自転車を走らせていた。中央図書館には自習室が独立して設けられている。ただっ広いホールのような半地下のスペースに、整然と長机と机ひとつに対して6つの椅子が並べられている。定期試験の前になると、その時期だけ勤勉になる近隣の学生で賑わい、下手をすると入るのに数十分待たされることもある。
 しかし、今は中間試験が昨日で終わり、後は夏休みを待つばかりという、開放感に満ちた時期である。自習室はガラガラで、いつも以上に広く感じられた。
―浮かれてなんて、いられないのよ。
 春は静かに筆記具や教科書などを机に整然と並べながら思った。
―大学受験なんて、あっという間にやってきてしまうんだから。今遊んでいたら、後々必ず後悔するわ。
 春は現在、宮戸高校の1年生だ。つまり、高校生になってまだ半年も経っていない。高校受験の時もそうだった。春は中学に入ると同時に、高校受験の勉強を始めた。そして、3年間の受験勉強の末、高校にトップの成績で合格した。それはもう、群を抜いていたという。そして今、春は定期試験の為ではなく、3年後の大学受験に向けて、日々勉学に勤しんでいるのだ。
 丸い大きな目に厚い唇、春の顔はその内面とは裏腹に、派手な部類に配されるといえる。化粧などは全くしていないのに、際立った顔立ちをしている。ゆえに、誤解を受けることも多々あった。別に、真面目な人間に見られたいわけではないし、他人が自分をどう評価しようと、それによって彼女自身が何か変わるわけでもない。けれど、あまりにも見当違いな目で見られると、どうしても苛立ちを覚えてしまう。

 ふう、とひとつ溜息を吐いてから、春は数学の問題集を開いた。今日でこの問題集の第3章までを終わらせる。そう決めてペンを持つと心が落ち着き、集中力が増してきた。

[Read More...]
スポンサーサイト

テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
アクマのタンテイ、アクマなタンテイ-3
 
 
【2006/07/16 21:23】
 
 
 被害者の名前は篠原彩夏(しのはら・さいか)、17歳。僕と同じ、県立宮戸高校に通っている。テレビ画面に映った写真では、茶色がかったショートカットで、まんまるの目、年相応なかわいい少女の顔だった。
 あの大きな目はくりくりとよく動いていた。笑うと少し子供っぽいえくぼができる。明るくて元気な子だった。そうそう、顔にできたニキビをとても気にしていた。
 何故僕がそれほど被害者について詳しいのかといえば、彼女は僕のクラスメイトであり、また、つい最近まで付き合っていた元カノだから、なのだ。

 そんな彼女が死んだ。しかも、殺されたという。

 そしてその事実を知った瞬間から、僕の日常というものはすっかりなくなってしまったのだった。

[Read More...]

テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
アクマのタンテイ、アクマなタンテイ-2
 
 
【2006/07/02 11:17】
 
 
 僕、掛金亮輔(かけがね・りょうすけ)と幼馴染みの御堂朱梨(みどう・あかり)との関係は、生まれたときから始まっている。同じ日、同じ病院で生まれ、さらに家は同じマンションの上下階―僕の家が501号室で朱梨の家が601号室―母親同士の仲が良く、公園デビューも一緒だった(らしい)。当然、校区が同じなので、小中学校は同じ、この辺りにロクな学校がないため、現在通っている高校も同じ。下手をすると兄弟なんかよりよっぽど濃い関係なのだ。
 「運命」なんて、つまらないことを言うのは、僕の趣味ではない。こんなのはただの「偶然」だ。「偶然」がいくら重なったところで、それを「運命」だと勘違いするほど、僕はおめでたくはない。
 「運命」とは、「予め決まっていること」。それなら、決めるのは一体誰だ?「神」か?
 それこそ、馬鹿馬鹿しい。これ程までに、宗教に対して無関心で、無節操な国にいながら、神を語るなんて、調子のいいこと甚だしい。ご都合主義的に登場させられる神は、小説の中の登場人物と大差ない存在に過ぎない。そんな、架空のキャラクターに、実在の人間の行く末が決められるものか。
 そんな風に、僕は考えていた。

[Read More...]

テーマ:自作小説 - ジャンル:小説・文学

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
アクマのタンテイ、アクマなタンテイ-1
 
 
【2006/06/04 20:37】
 
 
 どうして、僕がこんな目に遭わなくっちゃいけないんだ。
 僕はいたって普通の、平凡な高校生で、その平凡っぷりたるや、遠い未来、21世紀初頭の日本の高校生はこんなんでした、って教科書に載っちゃうかもしれないくらいなのだ。酒も飲まないし、煙草も吸わない。カンニングだってしたことない。・・そりゃあまあ、多少の軽犯罪は犯してきたかも・・しれない。例えば車の通りのほとんどない道路で信号無視をしただとか、例えばちょっと気分が乗らなくて学校をサボった、とか。けれど、そんな些細な罪の報いが、今のこの状況を生み出しているのだと言われれば、とてもではないが、納得できるものではない。
 
[Read More...]

テーマ:自作小説 - ジャンル:小説・文学

 
 
 
▲TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。